Château Pichon Baron

シャトー・ピション・バロン 基本情報

所有者     AXA Millésimes Christian Seely

技術指導    Jean-Rene Matigon

アペラシオン  Pauillac

格付け     第二級格付け

概略

栽培面積    70ヘクタール

セパージュ   カベルネ・ソーヴィ二ヨン60%、メルロ35%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%

年間生産量   240,000本

土壌         ガロンヌ川流域の小石質の土壌が中心。深い層は鉄分を含む粘土土壌

醸造の特徴      樽熟成15~18ヶ月、新樽率80%

生産ワイン      セカンドワイン Les Tourelles de Longueville

Les Griffons de Pichon Baron

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の評価

‐クラシックなヴィンテージで、CS60%、メルロー33%、Cフラン4%、

プティ・ヴェルド4%

‐樹齢は30年程度で、収穫率は45-50Hl/Ha

‐樽熟成は15‐18ヶ月の予定、新樽はおよそ80%

‐メントールやユーカリ、キャラメルなどの樽からつく香りが強く、キャラクターが

奥深くに隠れている。鉄分とミネラルを多く感じたのが、ポーイヤックのなかでは

目立った。タンニンは滑らかだが、あまり引っ掛かりがない。酸とアルコール、

果実のバランスはすばらしい。

Union des Grands Crus de Bordeaux 公式ページ

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Lynch-Moussas

Ch. Cos d'Estournel

Château Gruaud Larose

Château Latour

Ch.Rauzan Gassies

Château d'Aarmailhac