Château Pontet-Canet

シャトー・ポンテ・カネ 基本情報

経営者     Alfred Tesseron

アペラシオン  Pauillac

格付け     第五級格付け

概略      Lafon Rochetの所有者としても有名なGuy Tesseron氏が1975年に買収。

現在は息子のアルフレッドが中心となり、品質向上を追及している。

評価もここ数年で非常に高まっている。

栽培面積    79ヘクタール

セパージュ   60% Cabernet Sauvignon, 5% Cabernet Franc, 33% Merlot,

2% Petit Verdot

年間生産量   480,000本

土壌         第四紀の砂利質、地中は石灰質粘土土壌

醸造の特徴      新樽率60%

生産ワイン      セカンドワイン Chateau Les Hauts de Pontet

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★(3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★(4点/5点満点中

 

2004年の評価

‐レッド、ブラックそれぞれの果実がすばらしく凝縮している。薫り高く、樽からの

カカオやショコラのノートも顕著。タンニンは繊細でリッチ、やや収斂性が強い。

余韻にも果実が感じられる。

‐2003年はパーカーの高得点にもかかわらず、価格が非常に謙虚だった点が印象的。

すでに同プロプリエテールのラフォン・ロシェは2002年よりさらに低い価格で発表

されたため、こちらも2002年と同等か、やや上がる程度に抑えられると見込まれる。

 

 

シャトー運営 公式ウェブサイト

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Lynch Bages

Château Grand-Puy-Lacoste

Château Pichon-Longueville Comtesse de L...

Château Lafite Rothschild

Château du Tertre

Château Mouton Rothschild