Château Léoville Poyferre

シャトー・レオヴィル・ポワフェレ 基本情報

経営者     Didier Cuvelier

アペラシオン  St-Julien

格付け     第二級格付け

概略      1840年に誕生したシャトーで、1920年から現当主のキュヴリエ家の所有

となる。ミッシェル・ロランを醸造家として迎えたほか、様々な改革を

果敢に行い、第二級格付けに値するすばらしいワインを産出している。

栽培面積    80ヘクタール

セパージュ   63% Cabernet Sauvignon, 2% Cabernet Franc, 27% Merlot,

8% Petit Verdot

年間生産量   240,000本

土壌         ガロンヌ川を起源とする小石が中心の土壌

醸造の特徴      樽熟成18ヶ月、新樽率75%

生産ワイン      セカンドワイン Chateau Moulin Riche

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★ (3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の評価

‐ソフトスパイスのヴァニラ、ショコラ、甘草、キャラメル、白胡椒、

赤い果実、黒い果実、気温が高い状態で摘まれた果実

ジューシーでややジャーミーな果実が口内に広がる。タンニンはシルキー、

余韻はフレッシュな赤い果実。

要素が複雑で様々な香りや味わいがあるが、全体を覆っているのは果実、

醸造家ミッシェル・ロランの雰囲気と特徴がよく出ている。

 

シャトー運営 公式ウェブサイト

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Pichon-Longueville Comtesse de L...

Château Léoville Las Cases

Château Léoville Barton

Château Ducru Beaucaillou

Château Durfort Vivens

Château Brane Cantenac