ムニエ再発見シャンパーニュ【フランシス・オルバン】

ファミリーと創設の歴史

シャンパンへの愛に満ちたフランシス・オルバンの美しい物語は1929年にその幕があきました。現当主フランシスの曾祖父Léopold Orbanレオポルド・オルバンが入植したシャンパン地方でワインづくりを始めました。当時欧州は戦中戦後でたいへんな苦労がありましたが、単にブドウを売るのではなく、シャンパンおよびワインにまで仕上げて瓶詰をするという事業に育てていったのです。

その後、祖父のGaëtan Orbanガエトン・オルバン、父 Pol Orbanポール・オルバンが続き4代につづく道ができたのです。. それぞれの代に様々な工夫と発展がありました。

造り手 フランシス・オルバン

フランシス・オルバンは1980年生まれ。未来の可能性に満ちた作り手です。

シャンパンを愛する祖父や両親と幼少期を過ごした彼はごく自然にブドウ畑とともに育ち、Avizeの醸造学校へ入学しワインづくりを学びました。

1999年には醸造学に加えて家族経営企業の運営についても学んでいます。この経験がのちにメゾン・オルバンをより良い形へと導きました。

2007年に独自ブランドであるフランシス・オルバンを創生。ファミリーは新たに形を変えて歴史を紡いでいきます。

オルバンの代名詞【ピノ・ムニエ】

フランシス・オルバンはピノ・ムニエに魅了されています。ムニエ100%のキュベを多く手掛け、ムニエによってテロワールやミネラル、ルヴリニーの気候を表現しムニエを追及し続けています。

ルヴリニー村のブドウ畑は約90Ha、そのうち80HaはMeunierです。8HaがChardonnay,残りは休耕地およびPinot Nort。テロワールはムニエにこそ最高です。多くの有名メゾンがこの地のムニエを使っている理由もそこにあります。

ムニエはブレンドを調整するための品種ではありません。シャルドネの表現する硬質なミネラルは有名ですが、ムニエの表現する粘土土壌が影響したミネラルもオルバンでは体験して頂けます。

ぶどう畑の情報

栽培面積: 7,42HA

パーセル数 29

Leuvrignyルブリニー(海抜80m)に14パーセル、およびSainte Gemmeサント・ジェム(海抜170m)に14パーセル、その他の地区に1パーセル パーセルごとに様々な情報が整理され管理されている

シャンパンのご紹介

【シャンパーニュ キュヴェ・ブリュット・レゼルブ NMノンヴィンテージ】

複数のパーセルのブレンド。ほとんどのパーセルが古木のため、平均樹齢は35年を超えている。

35~60年のVVが中心。そこへ酸の際立つサント・ジェム区画の若木をブレンド。

50%はその年収穫のブドウ、そして50%はリザーブワインを使用。

セパージュ:ピノ・ムニエ 100%

ドザージュ:8g/l

24か月間の地下熟成。

正規代理店からのご購入はこちら

正規代理店ページで無料会員登録をしていただくことで、このシャンパンは25%オフでご購入が可能です。

楽天市場でもご購入いただけるようになりました。

こちらからどうぞ

Champagne Francis ORBAN

動画による解説(造り手ご本人登場)はこちらをどうぞ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jerome Lacondemine ジェローム・ラコンダミン ワイナリー紹介