Château Margaux

シャトー・マルゴー 基本情報

所有者     Corinne Mentzelopoulos

取締役     Paul Pontallier

栽培・醸造指導 Philippe Bascaules

アペラシオン  Margaux

格付け     第一級格付け

栽培面積    82ヘクタール

セパージュ   Cabernet Sauvignon, Cabernet Franc, Merlot, Petit Verdot

年間生産量   150,000本(Ch.Margauxのみの数量)

土壌

醸造の特徴      樽熟成18~24ヶ月

生産ワイン      セカンドワイン Pavillon Rouge(年間生産量200,000本)

 

市場評価

 

2004年の情報

‐収穫は9月7日開始、10月11日にはCソーヴィニヨンの最も熟した部分の収穫を

開始。21日には完全に全ての収穫を終了。

‐ブレンド:Cソーヴィニヨン78%、メルロー18%、プティ・ヴェルド4%

メルローの出来に満足しており、1990年や95年と同様18%をブレンド

‐果実よりもまずはスミレやバラといった花の芳香が広がる。マルゴーらしく常に

エレガント、味わいもシルキーでなめらか、同時に奥深くしなやかな強さが存在。

‐シャトーの見解では、2004年は非常にクラシックなミレジム、つまりマルゴーらし

さを発揮できたミレジムとのこと。スタイルとしては気候条件などを加味すると1996年に近いと考えている。

シャトー運営 公式ウェブサイト 

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ  :2011

 

 

 

Pavillon Rouge

-ブレンド:Cソーヴィニヨン60%、メルロー40%

-芳香が華やかで、果実や花、ソフトスパイスのほかにも白檀、ユーカリ、ミントの香

りもあって、とても複雑。味わいはやはり滑らかで、果実の風味もたっぷり。

 

Pavillon Blanc

-白いバラの花束のよう、香水という表現がぴったり。白胡椒、ヴァニラがデリケート

に香り、すでに完成しているように感じる。酸はやや控えめなものの、バランスが

取れており、ブドウのピュアさも明確。

-新樽率は3分の1

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ch.Rauzan Gassies

Château Lafite Rothschild

Château Kirwan

Château Brane Cantenac

Chateau Haut Brion

Château Lascombes