Château Gruaud Larose

シャトー・グリュオ・ラローズ 基本情報

経営者     Jean Merlaut

技術指導    Georges Pauli

アペラシオン  St-Julien

格付け     第二級格付け

概略      18世紀半ばシュバリエ・ド・グリュオーとシュバリエ・ド・ラ・ローズ

の両騎士がブドウ畑を所有したことから、シャトーの歴史が始まる。

シャトーはあまり人手を点々とすることはなく、1935年にデジレ・コル

ディエに買収されるまで、二世紀近く同じファミリーの管轄下にあった。

1997年よりタイヤン・グループがアドヴァイザーとして経営に一部参加、

現在も伝統を守るクラシックなワインとして広く信頼されている。

栽培面積    82ヘクタール

セパージュ   57% カベルネ・ソーヴィニヨン, 7% カベルネ・フラン, 30% メルロー, 4% プティ・ヴェルド, 2% マルベック

年間生産量   550,000本

土壌       第四紀の小石質、  第三紀の粘土質

醸造の特徴      樽熟成18ヶ月、新樽率40%

生産ワイン      セカンドワイン Sarget de Gruaud Laore

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★ (3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の評価

‐ブレンド比率は、Cソーヴィニヨン58%、メルロー33%、Cフラン5%、

プティ・ヴェルド3%、マルベック1%

‐ブラックフルーツ、カカオやショコラの香ばしい香り。酸も強く、

タンニンも躍動感があり、若々しさを感じるフレッシュなワイン。

 

Union des Grands Crus de Bordeaux 公式ページ

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Talbot

Château Montrose

Château Léoville Las Cases

Château Pichon-Longueville Comtesse de L...

Château St Pierre

Château Lascombes