Château Montrose

シャトー・モン・ローズ 基本情報

所有者     Martin et Olivier Bouygues

アペラシオン  St-Estephe

格付け     第二級格付け

概略      1778年にエティエンヌ・テオドール・デュムーランがアレクサンドル・

セギュールから土地を購入、1855年の2級格付け以来急激に評価があが

る。1866年から20年間、マチュー・ドレフェスの努力によって畑が徹

底的に調整される。1889年からはジャン・オスタンの経営により、エテ

ィケットに一族の美しい紋章が使われるようになった。

長きにわたりJean-Louis Charmolueが率いてきたサン・テステフの薔薇は 2006年、携帯電話事業の雄Bouygues Telecome 社のマルタン&オリヴィエ・ボイッグにより買収された。

栽培面積    68ヘクタール

セパージュ   65% カベルネ・ソーヴィニヨン, 10% カベルネ・フラン, 25% メルロー

年間生産量   340,000本(モンローズは21万本)

土壌         砂利と黒砂質。地下60-70cmくらいから鉄分を多く含む砂と礫石が

混ざった層が3メートル以上続いている。その下は粘土泥灰岩質。

醸造の特徴      樽熟成19ヶ月、新樽率50-60%

生産ワイン      セカンド・ワイン La Dame de Montrose

市場評価
ロバート・パーカー (第4版)        ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版)        ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版)        ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版)        ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の情報

‐ブレンド:CS64%、メルロー32%、Cフラン3%、プティ・ヴェルド1%

‐収穫率 57Hl/Ha、新樽率70%

‐熟した黒果実、ショコラやカカオ、ロースト香、白胡椒。キャラメルや甘草などの

ソフトスパイス。ハーブ、ユーカリ、次いで野いちごの野性の果実の香り。

タンニンは繊細で重みもあるベルベットのニュアンス。生肉をなでているような、

滑らかだが同時に手ごたえのある触感。果実味も存在感が大きい。2003年トップク

ラスに選ばれたのも納得。

 

 

シャトー運営 公式ウェブサイト 

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ch.Rauzan Gassies

Château Rauzan Segla

Château Pichon Baron

Château Léoville Poyferre

Ch. Cos d'Estournel

Château Léoville Las Cases