Château Léoville Barton

シャトー・レオヴィル・バルトン 基本情報

経営者     Anthony Barton

アペラシオン  St-Julien

格付け     第二級格付け

概略      1826年、当時Ch.Langoaの所有者であったユーグ・バルトンがLeovilleの畑の一部を買い取ったことでシャトーが誕生した。その後も6代以上常にバルトンファミリーの管理下にある。

栽培面積    45ヘクタール

セパージュ   72% カベルネ・ソーヴィニヨン, 8% カベルネ・フラン, 20% メルロー

年間生産量   266,000本

土壌         砂利質、地中は粘土質土壌

醸造の特徴      樽熟成20ヶ月、新樽率50%

生産ワイン      セカンドワイン La Reserve de Leoville Barton

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★★(3点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の評価

‐Leoville Poyferreとともに、ここ数年で評価を上げている。同じレオヴィルの偉大

なテロワールにありながら、コストパフォーマンスの高い仕上がりが、内外ともに

人気。

‐濃厚なブラック・フルーツ、カカオ、ショコラの適度なカバー具合。アタックは

率直でタンニンは非常に豊か。酸がやや突出している感を受ける。

バランスは完全とはいえない。

 

シャトー運営 公式ウェブサイト

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Montrose

Ch.Rauzan Gassies

Château Ducru Beaucaillou

Château Léoville Poyferre

Château Lagrange

Château Gruaud Larose