Château Ducru Beaucaillou

シャトー・デュクリュ・ボーカイユ― 基本情報

経営者     Jean-Eugene BORIEファミリー

アペラシオン  St-Julien

格付け     第二級格付け

概略      1720年に誕生したシャトーで、そのテロワールの特徴から”Beaux et

Gros Cailloux”(美しく大きな石)、Ducru Beaucaillouと呼ばれるように

なった。南にはCh.Margaux、北側にはサン・テステフの優良シャトー

を臨み、テロワールのレベルの高さは特出している。

栽培面積    55ヘクタール

セパージュ   70% カベルネ・ソーヴィニヨン, 30% メルロー

年間生産量   230,000本

土壌         ジロンド川に近接し水脈と温度が安定する特殊なミクロクリマを有する

常に流れる水の恩恵で、霜害が殆どない(1991年の霜でも、川に近接する

シャトーのみがその害を逃れた)。

グンツ(第四紀)時代のガロンヌ河を起源とする小石・砂利質

醸造の特徴      新樽率50~80%

生産ワイン      セカンドワイン La Croix de Beaucaillou

 

市場評価

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

 

2004年の評価

‐ブレンドはカベルネ・ソーヴィニヨン77%、メルロー23%

‐アルコール度は13%、酸は3.2g/l、PHは3.8

‐樽熟は18ヶ月の予定、新樽率80%

‐猛暑で畑に負担が大きくかかった2003年と違い、2004年はクラシックで大きな問

題のない気候がブドウをのびのびと育てた。あまりに順調に発育がすすんだため、開花時期に半分近くを間引くという作業を施した。

‐すばらしい凝縮感とクリアな骨格を描くミネラルとのバランスが良好。

 

シャトー運営 公式ウェブサイト

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Lagrange

Château Pichon-Longueville Comtesse de L...

Château Montrose

Château Pichon Baron

Château Gruaud Larose

Château Talbot