Château Mouton Rothschild

シャトー・ムートン・ロスチルド 基本情報

所有者     Baronne Philippine de Rothschild

アペラシオン  Pauillac

格付け     第一級格付け

概略

栽培面積    82ヘクタール

セパージュ   77% Cabernet Sauvignon, 10% Cabernet Franc, 11% Merlot,

2% Petit Verdot

年間生産量   300,000本

土壌         小石、砂利質

醸造の特徴   樽熟成は18から22ヶ月、新樽率はほぼ100%(ミレジムによる)

2011年の収穫  9月12~28日

2011年のブレンド比率  カベルネ・ソーヴィニヨン 90%
メルロ 7%、カベルネ・フラン 3%

 

2004年の評価

‐1962年以来、最も乾燥したヴィンテージといえる。降雨量の低かった2003年の707

ミリメートルよりさらに少ない560MM(2004年・年間降雨量)という記録がそれを

物語っている。(通常は年間900MM程度)。

しかしながら、酸は3.50度、アルコール度も12.90%

‐収穫率は44Hl/Ha、Moutonの生産量自体はは2003年のさらに30%減となった。

‐ブレンドはCS69%、メルロー15%、Cフラン13%、プティ・ヴェルド3%

‐新樽率は72%、通常のミレジムよりも率は低い。

‐実は、2004年から新醸造家がMoutonを手がけている(2003年は新旧の醸造家2名

で協力)。その為、スタイルはかなり変わっており、正直なところ現段階の試飲では

インパクトにかけている。ただし、この醸造家はビオディナミとは異なる自然回帰

的な手法で成果をあげているため、その実力のほどは未知数。

Union des Grands Crus de Bordeaux 公式ページ

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ        :2011

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Grand-Puy Ducasse

Château Duhart Milon Rothschild

Château Pichon Baron

Château Pichon-Longueville Comtesse de L...

Château Batailley

Château Lynch Bages