Château Lafite Rothschild

シャトー・ラフィット・ロスチルド 基本情報

所有者     Baron d’Eric Rothschild エリック・ロートシルト男爵

醸造指導    Charles Chevalier シャルル・シュバリエ

アペラシオン  Pauillac

格付け     第一級格付け

概略      ラフィット・ロートシルトを5世代にわたり所有してきたロートシルト

家は、1868年からボルドーの葡萄畑を拠点にしており、他にデュアール・

ミロン、レヴァンジル、リューセックなどのシャトーを所有する。

栽培面積    178ヘクタール

セパージュ   カベルネ・ソーヴィニヨン 80〜95%、メルロ 5〜20%、カベルネ・フランおよびプティ・ヴェルド 0〜5%

年間生産量   180,000~300,000本

土壌         風積土と混じった深く細かい砂利層。下層部は第三世紀の石灰質

醸造の特徴      樽熟成18-20ヶ月

生産ワイン      セカンドワイン Carruades de Lafite

2011年のブレンド  カベルネ・ソーヴィニヨン 80% メルロ 20%

 

 

市場評価

2004年の情報

‐収穫:メルロー9/24~10/5、Cソーヴィニヨン10/7~10/14、Cフラン10/5,6

プティ・ヴェルド10/13

‐2004年のブレンド:CS 90.5%、メルロー9%、プティ・ヴェルド0.5%

‐収穫率55Hl/Ha、2004年の収穫率は例年より比較的高め。

‐ヴァニラ、カカオ、甘草、などなど香りは複雑。黒果実、生肉。

タンニンはシルキーで酸が良好。砕いた果実が余韻を寄り華やかにしている。

 

シャトー運営 公式ウェブサイト

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ   : 2011

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Batailley

Château Grand-Puy-Lacoste

Château Lynch-Moussas

Château Duhart Milon Rothschild

Château Pichon Baron

Château Pontet-Canet