Château d’Aarmailhac

シャトー・ダルマイヤック 基本情報

所有者     Baronne Philippine de Rothschild

アペラシオン  Pauillac

格付け     第五級格付け

概略      Moutonの東、Pontet Canetの南西に位置する。

栽培面積    70ヘクタール

セパージュ   52% カベルネ・ソーヴィニヨン, 10% カベルネ・フラン,  36% メルロ, 2% プティ・ヴェルド

年間生産量   220,000~250,000本

土壌         小石、砂利質

醸造の特徴   樽熟成は12ヶ月、新樽率は33%

 

市場評価

 

2004年の評価

‐9月29日に収穫が始り、10月15日に終了。収穫の間、降雨は殆どなく、理想的に

メルロー、Cフラン、プティ・ヴェルド、CSの順に収穫。ブドウの熟度に差が

みられたため、一つの畑を2回以上に分けて収穫することもあった。

‐収穫率は43Hl/Ha

‐マセラシオンは15日(通常3週間)と、ムートンやクレール・ミロンに比べても最も

短かったため、すばらしい果実味が確保されている。すぐにタンニンが抽出された

ため、長く浸す必要はなかった。酸は3.4、アルコール度は12%.

‐ブレンドはCS58%、メルロー25%、Cフラン14%、プティ・ヴェルド3%

‐とにかく、レッドとブラックの濃厚な果実味がたっぷりでキュート。

タンニンはやや重みがありベルベットのような感触。

 

Union des Grands Crus de Bordeaux 公式ページ

21世紀新格付けワイン出品ヴィンテージ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Château Cos Labory

Château Duhart Milon Rothschild

Château Pédesclaux

Château Latour

Château De Camensac

Château Lynch-Moussas